https://bee-bee0131.com

英語・TOEIC勉強法

【TOEICは就活に有利!?】オススメの対策法を紹介します。

TOEICのスコアがあれば就活に有利って聞いたけど本当?

本当だよ!

TOEICは就活だけでなくさまざまな場面で活かせます!

この記事を読むと

  • TOEICはなぜ就職活動に有利なのか?
  • どーやったらTOEICのスコアは伸びるのか?
  • おすすめのTOEIC勉強法は?

などを知ることができます。

この記事を読んでいるあなたは

  • 就活にTOEICが必要なのかが知りたい
  • TOEICが本当に意味あるかわからない
  • どーやってTOEICの対策をしたらいいかわからない

などの疑問を持っていると思います。

この記事を読むとそんな疑問を全て解決できますよ。

実際にTOEIC830を取得し外資系企業に就職した私が詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いている私のプロフィール

大学3年の時に留学・ワーホリに興味を持ち始める。そして大学を1年間休学しフリーバードという会社でフィジー留学することを決断。3ヶ月間フィジー留学で英語を勉強した後、オーストラリアに移動しワーキングホリデーを行う。シドニー、メルボルンでオーストラリア料理のシェフとして働き充実したワーホリライフを過ごす。

それではさっそく見ていきましょう。

就職活動にTOEICは役立つ!?

結論から言うと

TOEICは就職活動に役立ちます!

実際に就職活動の時点で830というスコアを持っていた私は様々な場面でこのスコアを提出する場面がありました。

中には

  • 最低600ないと選考を受けれない
  • 800点がないと入社出来ない

という企業も

例えば…

楽天:入社時に800点が必要

ANA:面接時に600点が必要

※私が就活をしていた当時

このように様々な企業、特に学生に人気の大手企業やメガベンチャーではTOEICのスコアは必須です

また、ほとんどの企業でエントリーシートにTOEICのスコアを書く欄があります。

このことから人事は学生の英語力をTOEICのスコアで判断していることがわかりますね。

TOEICのスコアを持っていれば就職活動は有利ですよ!

就活の時に必要な点数は600点!?

それでは就職活動の際にTOEICを何点持っていたらいいのでしょうか?

答えは

最低600 出来れば800

です。

もちろん目指す企業によって違いますしTOEICのスコアなんてなくても面接で受かる自信がある!という方もいるかもしれません。

ですが私の意見は600点はもっておきたいです。

理由は一般的に言われている就職活動に有利なスコアが600以上だから。

実際に600点がないと選考に参加出来ない企業を私はいくつか知っています。

このことから今からTOEICを勉強しようと考えている方はまず600点を目指しましょう

もっと点数が取れると…

さらに上を目指す方は800点を目指しましょう。

一般的に800点を超えると日常会話レベルの英語力があると認識されます。

そしてほぼ全ての企業に対してTOEIC800というスコアは有効です!

実際に履歴書に800以上のスコアが記入されていると興味を持って話を聞いてくれます。

人事の方はこの学生は英語力には問題はないと判断しますよ。

ですからこれからの就職活動で無双したい方は800点を目指しましょう!

どーやってTOEICの対策をするの?

リスニング対策

ではどうすれば600点というスコアをとることができるのでしょうか?

オススメはまずリスニングを鍛えることです。

理由

  • リスニングは筆記よりも簡単
  • リスニングは筆記よりも伸びるのが速い
  • リスニングはコツを掴めば伸びる

以上の3つの理由がリスニングを先に鍛えるべき理由です。

なぜリスニングは伸びやすい?

リスニングが伸びやすいのは

  • 1問ごとに時間が与えられているから
  • 消去法が使いやすいから
  • 先読みなどのコツがあるから

です。

筆記は75分間で100問を自分のペースで解かなくてはいけません。

一方、リスニングは1問ごとに解答時間があります。

つまりペースが追いつかなくなって最後の方の問題を適当にマークする心配がないと言うことです。

また問題を読み上げる時間があるので、その時間で問題を先読みすることが出来ます。

先読みすることによってこれから話される英会話の道筋がだいたい頭に入ってきます。

この先読みを行うだけで、非常に解きやすくなるんです。

リスニングにおいて先読みは必勝法ですよ!

もう1つの必勝法が消去法です。

TOEICの問題は受験者を引っ掛けようとする為なのか、意地悪な問題が出ることがあります。

普通に解くと3択か4択の中から正解を探さなければいけませんが、消去法を使うとほとんどの問題で2択まで絞れます。

なぜなら、TOEICの問題はややこしい2択を作って後は全然関係ない選択肢というパターンが多いからです。

ですから全く違う選択肢を見つけることが出来ればほとんどの問題を2択まで絞ることができますよ!

リスニング勉強法

それではオススメのリスニング勉強法を紹介します。

それはオンライン英会話を使用することです。

オンライン英会話のメリットは

  • スマホさえあればどこでも勉強出来るから忙しい社会人や大学生でも安心
  • 月3000円ほどだから飲み会1回を我慢する値段で勉強出来る
  • 世界中のネイティブの人とたくさん会話が出来る

などが挙げられます。

オンライン英会話ならネイティブの英語を普段から聞くことが出来るのでどんどんリスニング力がup!

さらに文法や単語も教えてくれるのでTOEICの勉強法としては最適です。

しかも格安で気軽に始められるので多くの人が挑戦しています。

関連記事: オンライン英会話って意味ある? 実際に体験している人の評判を集めました。

英語勉強に興味がある方はぜひ挑戦してみてください!

ちなみに私がおすすめするオンライン英会話はネイティブキャンプです。

ネイティブキャンプなら月額料金で何回でもレッスンが受けれるのでたくさん勉強したい方にピッタリ!

様々な国の先生がいるのでリスニング力もどんどん成長します。

どこのオンライン英会話を始めたらいいか迷っている方はぜひ無料体験をしてみましょう。

ネイティブキャンプ・無料体験はコチラ

TOEIC800を目指すには何が必要?

では、次に800点を目指す人向けに勉強法を紹介します。

800点を目指すにはある程度の英語力が必要です。

ここでいうTOEIC800のための英語力とは

  • 問題の7割程度の単語の意味を理解する
  • 英語に慣れていて速読が苦手ではない

この2点は必須になります。

理由は800点を取るには200問あるうち170ほどを取らなければいけない。

つまり30問程しか落とすことはできません。

このレベルになるにはある程度の単語力があり、また速読の力もあり制限時間内に全て解き終える力は必要です。

ですからまずはこのレベルの英語力を身につけてください!

オンライン英会話で英語を身につける

単語力

先程も説明した通りTOEICの参考書、単語帳(800点レベルのものならなんでも!)でとにかく単語力を身につけましょう。

ただやはり暗記が苦手な方はいますね…

そんな時は問題を解きながら単語を勉強する方法をオススメします!

理由は自分が分からなかったり、知らなかった単語と問題で出会うことによって脳に残りやすいから。

実戦形式で勉強すると覚えやすいということですね!

ただし全ての単語を覚えようとしなくても大丈夫です。

英文読解に慣れてくると単語の意味がわからなくても文章の流れからだいたいの意味を推測することが出来るようになります。

ですからまずは7割程の暗記を目指しましょう!

私がTOEIC対策で利用していたおすすめ英単語帳はコチラです

時間配分

TOEICで直面する壁のひとつは時間です。

特に筆記は75分で100問解答しなければいけません。

ですから1つの問題に躓いてしまって最後まで解くことが出来なかったということが多々あります…

こうならないためにも時間配分には気を使いましょう!

具体的には

  • Part5 20分
  • Part6 25分
  • Part7 30分

この時間配分を目安に解きましょう。

他のサイトでは先にPart7を終わらせてからPart5に戻ることを勧めている場合があります。

しかし私はこの方法をオススメしません。

理由はPart5の方が簡単だからです。

また、1問にかかる時間もPart5の方が短いです。

ですからPart5をさっさと終わらせて長文に取り掛かるべきですね!

就活にTOEICは必要? まとめ

この記事ではTOEICの重要性や勉強法を解説してきました。

TOEICのスコアがあれば就職活動で有利ということが分かりましたね!

TOEICのスコアだけでなく、英語が話せるということで人生の選択肢が広がるということはよくあります。

これを読んだあなたも自分のために英語に挑戦してみましょう!

-英語・TOEIC勉強法

© 2021 ビービーイングリッシュ